アトピー性皮膚炎とは

年々、アトピー性皮膚炎で悩んでいる人は増えており、最近は子供達やその保護者の多くが一度はアトピーで悩んだ経験があるものです。アトピー性皮膚炎というのは、一度治療したら完治するというわけではなく、症状が良くなったり悪くなったりする状態を繰り返すことが一般的です。

夏場は暑さや汗でかかりやすいですし、冬も乾燥でかかりやすいです。そして、最近は春や秋のアレルギーのシーズンにもかかりやすい人が多いので、年中悩んでいる人がいるものです。一度症状が出ればなかなか治るまで時間がかかりますし、かゆみというのはストレスもたまりやすいですし我慢をしていても無意識のうちに書いてしまうことも多くあります。

アトピー性皮膚炎になった際には、薬を塗布したりかゆみが落ち着くように冷やしたり肌を清潔に保ったりということがされます。しかし、これらのケアは症状が出た時に抑えるための治療であり、症状の改善や再発を防止するためのケアは行われていません。根治は難しかったとしても、かゆみや痛み、ただれといった症状が出るとかゆみでのストレスはもちろんですが、思春期になってくれば肌が荒れている見た目も気になってしまうものです。

そこで、少しでも症状が出ない状態にするために日頃からケアをしておくことができるのが望ましいものです。そこで、ここでは日頃からアトピーの予防にもなる肌のバリア機能を向上させるためのケア方法について紹介をしていきます。