アトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎の原因がどのようなものであり、どうやって治療すれば良いのかということは研究が進められており、その中で肌のバリア機能の低下が原因の一つであると考えられています。肌のバリア機能が低下すれば、いつもは平気な刺激であったり退治できる細菌にも肌の中まで侵入されてしまい炎症が起きてしまうことが原因とされています。

肌は、もともと体の最も外側にあることで体の最前線で外部の様々なものから体の中を守る役割をしています。外からの刺激や異物の侵入を防ぐだけでなく、肌の内側から水分が出ていかないように守る二つの意味でのバリア機能を持っています。健康な肌は角質が綺麗に重なって十分に水分を含んでいます。それがバリア機能が落ちてくると肌の水分量が減って乾燥し始めて外部から刺激が侵入しやすい状態になり、体内で細菌やウイルスと体の免疫機能が戦うことで赤くなったり痒くなったりという症状が現れてくるのです。

そこで、アトピーを予防するためには肌の水分量を維持すること、乾燥を防ぐことをすることでバリア機能をあげてアトピーの発症や悪化を防ぐことができるのです。ですからアトピーができる前から日常的に保湿ケアをすることが重要です。